SNSを利用して人妻と出会う方法と人妻の魅力

若い頃会社勤めをしていても、結婚を機に退職後、主婦業に専念している女性は多いもの。
夫婦の仲が良好な状態であれば何の問題もないでしょうが、一旦、夫の浮気やセックスレス夫婦になってしまえば、二人の溝は深まるばかりです。
こんな時主婦に「夫がこんなだから私だって」という気持ちが沸いてきても不思議はありません。

子育てが一段落し、充分な時間に恵まれることは歓迎しても、何か心に「空洞」を感じてしまう時、「満たされたい」という欲望が頭をもたげるのです。
そんな人妻たちが集うサイトに人妻SNSの存在があります。
日照りにさらされた人妻たちが、一服の清涼剤を求めてこういうサイトに立ち寄ります。
訪問すると、驚くほどの人妻たちが「体と心の癒し」を求めて、集っています。
そんな人妻たちとの密会を望むなら、是非、「人妻SNSサイト」に訪問することをお勧めします。

人妻SNSサイトは刺激的な言葉で溢れています。
今すぐ、欲求をかなえたいという熱気が感じられます。
そこで、妙にじらすような作戦は取らないことです。
彼女たちは「海千山千」とまではいかないまでも、相当の苦労や駆け引きを経験してきています。
そんじょそこらの安っぽい駆け引きなど通用しません。
何事もそうですが「熱意と誠意」を示しましょう。
きっとよい結果が待っています。

「人妻SNSサイト」に限らず、出会い系サイト全般に言えることは、たとえ写真が気に入ってもそれが本人である証明はありません。
また、年齢なども実年齢なのかどうか疑ってしまうと、もうきりがありません。
このようにサイト自体、虚飾の部分を抱えていますので、ある程度割り引いて考えておく必要があります。

人妻との密会の時間帯は、午前10時から正午までというのが常識です。
人妻の午後は子供の学校の雑事や、夕方からは亭主の帰宅時間になるからです。
このポイントを抑えられると人妻との密会はうまくいくことになります。

何故、男性は人妻に魅力を感じるのでしょう。
それは未婚女性にはない「色香」を見出すからなのです。
あまり性的な経験のない女性は、どことなく「角」があります。
工業製品でもそうですが、ある程度使い込んだ部品のほうが、表面の「ばり(ささくれ状のギザギザ)」が磨耗して、スムーズな動きを確保することができます。
このことを専門用語で「あたりが出てきた」などと表現します。
女性も同じです。
「ばり」のある部品よりは「あたりの出てきた」部品のほうが、機械の組み立てには向いています。
そのことを男性は暗黙のうちに了承しているのでしょう。

男はどこかで「妻や恋人は大事だが、セックスは別であることが多い」と思っています。
「虫が良すぎる」と非難されるでしょうが、
大方の男性はこのように考えています。
だから、「外に愛人を作っても家庭を壊すことはない」のです。
男性はとかく、妻は子供を作るために必要なのであって、「セックスを楽しむのは他の女性」と考えています。
だから、男性は間違って他の女性に妊娠させてしまうと「認知」などする気は毛頭存在しません。
認知すると、妻と子との現在の生活が崩壊してしまうからです。

よくテレビで、ベッドインの最中、男性に女性が「今日ね、病院に行ってきたの」などと、誇らしげに「妊娠」を報告するシーンがあります。
その後は大概、女性は殺されてしまいます。
この女性にとっての「ご褒美」は、男性にすれば「足かせ」になってしまいます。
この男女の認識の差が「事件」に発展してしまいます。

男性は「放出する性」、一方女性は「受け止める性」と言われています。
男性は子供を作って育てる仕事の反面、子育てに翻弄されている妻を女性と見ない習性があります。
常に頭の中には「理想の女性像」があって、その「理想像」は妊娠などしないものとなっているのです。
だから、男には「子造り用女性=妻」と「理想の女性=妊娠しない女」の二人が必要なのです。

一般の人から見ると顰蹙(ひんしゅく)を買いそうな話ですが、冷静に考えてもらうと納得ができると思います。
「いい・悪い」ではなく、これが「男の性(さが)」なのです。
神様が人間をお作りになった時に、男だけにこの性をインプットしてしまったのです。
途中から「アンインストール(削除)」はできません。

このように書いてきますと、「男の性のだらしなさ」を擁護しているように感じるかもしれません。
ほとんどの男性は口には出さないでしょうが、本音は「二股愛」肯定派が多いと思います。
人妻との密会に憧れる男性たちが挙げた「人妻の魅力」を書いていきましょう。

  • ■癒されそう
  • ■大人の魅力を感じる
  • ■肉体の成熟度が高い
  • ■欲求不満からのセックスは凄そう
  • ■むっちり系の体がエロい
  • ■セックスのバリエーションに期待
  • ■結婚の心配がない
  • ■割り切り関係が成立しそう
  • ■寝取るというスリルがたまらない

…などなど相当の数のコメントに出会いました。
どれも男の本音で溢れています。

女の子が生まれると、男親は「かわいそうだ」と思うらしいのです。
「一生、血の道から避けては通れない」のがその理由らしいのですが、でも一生ではなく「ある時期」で止まってしまいます。
ところが「放出する性」の男性にとっては、「一生、放出を止めることはできません」。
止めると「病気になる」からです。
死ぬまで「止められない」のです。
ある意味これって、不公平です。
しかし、神様が男性にだけ「インプット」をお決めになったのですから、受け入れるしか方法はありません。